Loading...

You are here

医療

目標

AMIは現在日本が積極的に進めているicloud,ai.インターネット、先進医療機器、

ローカル医療センターとの連携による検診システムに積極的に関与したいと考えていま す。

世界の医療

日本やアメリカのような先進国でも医者によっては同じ患者に異なる診断結果を 出すことが珍しいことではありません。。

最新の医療ニュースによると、有名な(アメリカ)HuffingtonpostMayo医療センターの Huffingtonpostに発表された研究は2回目の診断では88%の患者に最初の医師の診断が訂 正され全く異なっていたことが判明されました。別の研究では、 Johns Hopkins医学研究 所に紹介された6,181人の患者のがん治療の結果を調べたところ86人の患者が違う診断結 果となり、治療が不要または不適切と発表されました。。その率は低い(1.4%)が、ア メリカ全国に勘案された場合、間違いなくその数は30,000 人以上となります。

自動診断システム

このシステムは2020に本格稼働目指し既に8年の歳月がたちました。今のところ 全体の疾病の10%程度が利用可能な状況となっています。将来すべての日本の専門医の 経験や検査そして治療方法はソフトウェアのクラウドに統合され、AI、臨床データ、医 療研究者、医療関係企業などのコラボレイトによりこのシステムによりその時その時に 最も優れた判断で疾患を診断するのに役立つと大きな期待を抱いています。将来、患者 は自分の病気を診断する医師の選択について余り多くを心配する必要はなくなり、患者 が信頼できる病院で必要な検査を実施するだけで、検診データをシステムに送付し、イ ンターネットを通して診断結果が報告されるようになると期待しております。診断結果 に対しお客様の要望があれば最善の治療法をアドバイスすべく医師を紹介するサービス も行わせてもらいます。

次のようなメリットが考えられます:

1.    安価である:1.000.000VND (1 診断)だけで、世界で最も高度な自動診断システム を手に入れることができます。

2.   早い:データさえ有れば医師のレベルに関係なくベーシックな診断がなされる。

3.   日本の専門医レベルが対応出来る。